人気ブログランキング |

カテゴリ:各種研修会・講演会( 4 )

防災講演会/シンポジウムについて

令和元年度9月8日(日)
「自分で自分の生命(いのち)を守れますか?」防災講演会/シンポジウムを開催いたしました。
200名を超える多くの方々にご来場いただき、大盛況で開催終了いたしました。


d0375308_16505191.jpg































「いつもの習慣が身を守る」  講師:鹿児島県防災研修センター 馬場 ひとみ氏

いつ自分の身に降り掛かるのか予測できない災害に対して、防災意識や知識を皆で繰り返し共有していくことが必要。
いざという時に慌てずに行動できるよう、日頃から災害時に備え、正しい心構えを身に付けておくことが大切であると呼びかけられ、実際に災害時に役に立つ代替できるものの展示説明や、避難経路の確保のための家具の配置や荷物の保管場所などを教えていただきました。

d0375308_16530244.jpg
































「熊本地震の実体験から学ぶ」 講師:熊本県益城町地域婦人会前会長  冨田 せつ子氏

平成28年に発生した熊本地震の現場経験をもとに、避難所での生活の様子など実体験を語っていただき、新聞紙一枚でできるスリッパやゴミ袋の雨がっぱやバスタオルでつくる頭巾を紹介していただきました。



d0375308_16543357.jpg














シンポジウム

コーディネーター:小園 和年氏(鹿児島県婦人会館 理事)
パネリスト:冨田 セツ子氏(熊本県益城町地域婦人会 前会長)
      和田 一雄氏(八幡校区コミュニティー協議会 会長)
      伊佐 幸子(鹿児島県婦人会館 理事長)
      中 豊司氏(鹿児島市危機管理局危機管理課長)


d0375308_16570364.jpg


防災講演・シンポジウムでは、地域防災力の向上に資するような具体的な事例を紹介し、被害を最小にとどめるためには、日頃から住民一人ひとりが災害に対して備えるとともに、近隣住民の方々と連携して防災に関する各種取り組みを継続的に行い、会館が果たす役割や存在意義の重要性を改めて感じました。

暑い会場となりご迷惑をお掛けしましたが、ご来場いただいた皆様にはありがたい感想などもいただきました。ありがとうございました。




by fujinkaikan | 2019-09-25 16:21 | 各種研修会・講演会

地域づくりのつどいを開催いたします。


来る2月14日(木)
NPO法人南薩のまなざし理事長 石堂 修一氏をお招きし、
「古事記(天孫降臨から神話三代の物語)」~世界に誇れる鹿児島の神話~
と題し、講演いただきます。

どなたでも参加いただけ、参加無料です。

滅多に聞くことができない興味深いお話が聞けると思いますので、ぜひいらしてください。

d0375308_13394516.jpeg

by fujinkaikan | 2019-01-31 13:18 | 各種研修会・講演会

料理研究家 上村泰子先生の講話

平成31年1月18日 金曜日、料理研究家の上村泰子先生をお迎えし、「食の井戸端会議」 
~100まで元気で楽しく生きるための実施ヒント~と題して、講話をしていただきました。

鹿児島市出身で、現在は、東京で料理研究家・フードコンサルタントとしてご活躍されている先生のお話は、「キューピー3分クッキング」出演時の裏話や、昨年度大河ドラマのキャストの皆さんに、酒ずしをふるまった際のエピソードにはじまりました。

さらに、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」を伸ばすように、今すぐ実践できる日々の食事や体の衰えに待ったをかける食べ合わせや簡単メニューの紹介、おいしい減塩テクニックなどを、笑いたっぷりの約1時間半ほどの講話でした。



d0375308_13242712.jpg




by fujinkaikan | 2019-01-21 10:13 | 各種研修会・講演会

食品表示制度セミナー

7月30日土曜日、「商品表示制度セミナー」が開催されました。


 平成29年9月1日、加工食品の原料原産地にかかる食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布・施行されました。これまで一部の品目にのみ課されていました原料原産地表示が、今後は加工食品全てに表示するよう義務対象が拡大されました。(経過措置期間:平成34年3月31日まで)

 よりよい製品を製造し、より多くの人に食べてもらうために、消費者に向けて製品の品質を正確に知ってもらうための食品表示の制度改正です。しかし分かりづらい。今、最も大切なことは新基準の内容の確認。また、原料調達先について見直しのタイミングを見定めるチャンスと捉えることもできるのではないでしょうか。自社の食品表示を今後どのように考え、実施していくのか。


消費者庁食品表示企画課法令係長 坊英哲氏と同課食品衛生係員 白川祐一氏を講師に迎え、「加工食品の原料原産地表示」の基礎から方向性について紹介して頂きました。


セミナー後には質疑応答の時間もあり、消費者の立場から質問が挙げられました。

消費者が、商品を選ぶ参考にするために分かりやすい食品表示となることは、とてもありがたいことです。
セミナーに参加させて頂き、食品表示の大切さを改めて学ばせてもらいました。

人々が地域や社会でいきいきと健康で暮らしていくために、今後も具体的な問題を取り上げ、実践的に学んでいきたいと思っています。

d0375308_12034647.jpg



by fujinkaikan | 2018-09-12 12:27 | 各種研修会・講演会